2011年04月08日

もはやパンではなく揚げ物。

岡本パン屋さん
CIMG1269.JPG
こちらのパン屋さん、開店時間がなんと午後4時という変わり種。
佐野駅近くの路地をずっと進んだところにある、小さなパン屋さんですが、こちらも知る人ぞ知る名店。
駐車場もなく、常連さんは路上駐車でパンを買って行かれるようですが、私は怖いので、駅の駐車場に車を止めて、徒歩で買いに行きました。
4時開店というお話でしたが、4時少し前にお店につくと、すでにお店は開店。
パンも飛ぶように売れていました。
私も早く買わなきゃ!と焦りつつ、目に入れたパンに、またびっくり。
とにかく、一つ一つのパンがでかい!!
特にカレーパン(140円)とあんどーなつ(120円)は、「これは本当にパンですか!?」と聞きたくなるような特大。
CIMG1268.JPG
まんまるに膨らんだそのフォルムは、通常見慣れたパンとは一線を画します。
もちろん、即購入を決定。
他にも、なぜか総菜パンの中で一番高額だった謎のポテトサラダパン(190円)の購入を決め、今回はお店を後にすることに。
他にもこんなパンがありました↓
CIMG1266.JPG
さて、家に帰って食べてみよう!
(…とはいっても、さすがに全部食べきれる自信はなく、いつもパン屋さんめぐりにつき合わせている相方に助っ人を依頼しました。今後も、助っ人は大活躍の予定ですあせあせ(飛び散る汗)
まずはカレーパン。
CIMG1279.JPG
CIMG1281.JPG
油紙のようなものにくるまっていたのですが、それすらも素通しする油に衝撃。
相方も、私から聞いてはいたものの、実物にはさすがに驚いていた模様。
しばらくどう食べるか考えたのちに、意を決して思いきりかぶりついていました。
写真でもわかるように、全体的にカレーの色は懐かしい黄色。
お味の方も、昔ながらの家庭のカレーそのままといった感じだそうです。
相方いわく、カレーとして食べると懐かしくておいしいけど、カレーパンとして食べるには、少し薄いかもしれないとの事。
もしかすると、ピロシキに近いのかも、なんて言っていました。
確かに、以前那須の牧場で食べたピロシキと、何となく似ている…?
CIMG1283.JPG
そして私が実際に食べたのが、こちらのあんどーなつ。
こちらもカレーパンに負けず劣らず、圧巻のサイズ。
中のあんはさらっとしたこしあんで、全体的な印象はあんどーなつというよりは、あんこの入った拳大の揚げパン。
揚げパン好きの方は、絶対好きです。
ただし、ダイエット中の方には、悪夢のような代物であることは間違いありませんあせあせ(飛び散る汗)
そして最後、ポテトサラダパン。
こちらもポテサラ好きの相方に進呈したところ、評価は上々。
マヨネーズは大目だけれど、酸味があってそれもまたよし、ということらしい。
私は普段ポテトサラダパンはあまり食べないのですが、これはなんだか美味しそうでした。
少しだけかじらせてもらったのですが、パン自体に甘みがあり、惣菜系のパンとしては相性がいい感じ。パン単品で食べるには、少し油っぽい気もしましたが、昔ながらも総菜パンといった感じで、なんだかほっとします。
CIMG1285.JPG
カロリー的な恐ろしさから、常連になるにはちょっと問題がありそうですが、是非また行ってみたいと思わせる、懐かしのパン屋さんでした。
お店の隅には、おそらくクレープと思われる品物(バナナとフルーツの二種類)も売られていて、今度伺った際には、そちらもぜひ購入してみようと思います。

基本情報
家佐野市久保町212
時計午後4時〜売り切れまで
いす日曜日、祝日

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ぱん at 07:19| Comment(0) | 佐野市へgo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。